FC2ブログ

七連勤

どうも、今日は休みのまむです。
七連勤はつらいっす。
そのせっかくの休みも熱出してさあ大変。
今も熱で怠いので、短編集の画像をいくつか張って
終わりまする。



シエラ短編3

まだ猫被ってるサラフィエ。
この日も元気にゲガント探し。

シエラ短編4

荒れている頃のシエラ。
どういう経緯かは予想できると思います。

シエラ短編5

ジェドが過去にいる間、こっちもこっちで無理ゲーに直面。
秘密裏に繰り広げられた、表に語られない戦い。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

知らない間にシエラも禁魔種と戦っていたとは...

短編集楽しみにしてます!

予防接種後は注射跡が疼くのう……

どうも、インフルワクチン争奪に勝利したシャドラクです。
でもその翌日、何故か扁桃腺が腫れて声が出せねえ。
やっぱり外出時はマスクつけよう。

>まだ猫被ってるサラフィエ

 「はっ倒す」? 「曝け出させる」って……ブルブル(恐怖)
 話の男性とやらは一体 何回ブリリアンスピルムをくらったのだろうか?
死ぬ気になれば告白でも何でもやれる!

 ……少なくともこのヒトに恋愛相談はNGかなw
 黒い方は闘い(特にオレンジキノコ相手)方面にご執着で
 白い方は恋愛成就(自分より他人の)方面ですか……

>秘密裏に繰り広げられた、表に語られない戦い

 ~何処かの異世界での表に語られない戦い~

 シエラ「ムルシアントニドヘグに興味を持たせ、
サントラインから引き離す!」

  (実践後・・・・・・)

 蛇さん「……♡」
 シエラ「……よし、これだけ離れれば十分だ。そろそろ私も離……って
      くそ、まだ追いかけてくる!」

蛇さん「……♡♡♡」
 シエラ「……何だ、追跡速度が増した! 捕まってたまるか!!」

 蛇さん「……♡♡♡♡♡♡」
 シエラ「……もうだめだ、これ以上は走れん。私もこれまでか……
      って何だ、じっと見ているだけで襲ってこない、何のつもりだ?」
 蛇さん「……♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」
 シエラ「……瞳の形がハートに見え……!?  ま、まさか! く、来るな!!!」
蛇さん「……♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」
 シエラ「うわあああ!!!」

 (……)
 ルーメス「で、シエラは今どのあたりにいる?」
 メレッサ「鉱山都市エルンです。その後はザレンドルのキューガ砂漠と
       アイツの嫌う場所を巡って撒くので越境許可を。」
 ルーメス「わかった、私から上へ伝えておく。」

 シエラ「(はあはあぜいぜい)……蛇がしつこさについてよく例えられるが
      これほどとはな。だが私は負けん!
      ……そう、あいつならこの程度、いや
      これ以上のしつこい相手にだって耐えられるはずだ!
      ジェド、見ていてくれよ!」

 サントライン近くにも来たことあったんですね。あの蛇。
 まあシエラが頑張らなくても多分ハルトさんが何とかしてくれたとは
 思いますが。
 あ、でも猫被りさんと同様にゲガントに自分の存在を悟られる危険あるから
 やっぱりダメかな?

No title

はっ倒し……叩きつけたんですね。さすがに、魔法は使っていないと思いたい。壁や地面は平気だったのだろうか。
サラフィエはこういう風に、お悩み(物理)解決していたのかな? それとも、うじうじしている男性限定? 女性は普通に優しく?

ナムルユさんへのお返事

> 知らない間にシエラも禁魔種と戦っていたとは...
>
> 短編集楽しみにしてます!

戦いと呼べるか怪しいレベルですが。
まともに戦っては絶対勝てません!

シャドラクさんへのお返事

> どうも、インフルワクチン争奪に勝利したシャドラクです。
> でもその翌日、何故か扁桃腺が腫れて声が出せねえ。
> やっぱり外出時はマスクつけよう。
>
> >まだ猫被ってるサラフィエ
>
>  「はっ倒す」? 「曝け出させる」って……ブルブル(恐怖)
>  話の男性とやらは一体 何回ブリリアンスピルムをくらったのだろうか?
> 死ぬ気になれば告白でも何でもやれる!
>
>  ……少なくともこのヒトに恋愛相談はNGかなw
>  黒い方は闘い(特にオレンジキノコ相手)方面にご執着で
>  白い方は恋愛成就(自分より他人の)方面ですか……
>
> >秘密裏に繰り広げられた、表に語られない戦い
>
>  ~何処かの異世界での表に語られない戦い~
>
>  シエラ「ムルシアントニドヘグに興味を持たせ、
> サントラインから引き離す!」
>
>   (実践後・・・・・・)
>
>  蛇さん「……♡」
>  シエラ「……よし、これだけ離れれば十分だ。そろそろ私も離……って
>       くそ、まだ追いかけてくる!」
>
> 蛇さん「……♡♡♡」
>  シエラ「……何だ、追跡速度が増した! 捕まってたまるか!!」
>
>  蛇さん「……♡♡♡♡♡♡」
>  シエラ「……もうだめだ、これ以上は走れん。私もこれまでか……
>       って何だ、じっと見ているだけで襲ってこない、何のつもりだ?」
>  蛇さん「……♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」
>  シエラ「……瞳の形がハートに見え……!?  ま、まさか! く、来るな!!!」
> 蛇さん「……♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」
>  シエラ「うわあああ!!!」
>
>  (……)
>  ルーメス「で、シエラは今どのあたりにいる?」
>  メレッサ「鉱山都市エルンです。その後はザレンドルのキューガ砂漠と
>        アイツの嫌う場所を巡って撒くので越境許可を。」
>  ルーメス「わかった、私から上へ伝えておく。」
>
>  シエラ「(はあはあぜいぜい)……蛇がしつこさについてよく例えられるが
>       これほどとはな。だが私は負けん!
>       ……そう、あいつならこの程度、いや
>       これ以上のしつこい相手にだって耐えられるはずだ!
>       ジェド、見ていてくれよ!」
>
>  サントライン近くにも来たことあったんですね。あの蛇。
>  まあシエラが頑張らなくても多分ハルトさんが何とかしてくれたとは
>  思いますが。
>  あ、でも猫被りさんと同様にゲガントに自分の存在を悟られる危険あるから
>  やっぱりダメかな?


インフルワクチンの存在を完全に忘れていた……。



サラフィエは普通に素手でやりました。
あの人、身体能力も人外ですから……。
ブリリアンスピルムを人に投げてはいけません。

黒も白もジェドクンに執着(意味深)しているのは確定。


>~何処かの異世界での表に語られない戦い~

何だこの薄い本が厚くなりそうな展開は……。

あまりにもやばい時は、ナムルユが乱入して助けてくれるかも?



サントライン近くに来ていた蛇ですが、
実際シエラがどうにかしなかったらやばかったです。

ハルトでも蛇相手となると、全力を出さなければなりません。
即死毒もありとなると、全力でかかれば勝てるかもしれないレベルの話になります。
その場合、魔物を操る光景からゲガントにバレてしまいますね。

ですから、村人を避難させるくらいはしてくれるでしょうが、
サントライン自体は諦める事に。

にーはるさんへのお返事

> はっ倒し……叩きつけたんですね。さすがに、魔法は使っていないと思いたい。壁や地面は平気だったのだろうか。
> サラフィエはこういう風に、お悩み(物理)解決していたのかな? それとも、うじうじしている男性限定? 女性は普通に優しく?
多分、地面が陥没した。
サラフィエとバーソルは世界への罪悪感が凄まじいので、
せめて幸せにできる人は幸せにしようと動いていました。

今回の男性はあまりにもうじうじしていたので、
サラフィエでも「イラァ」となり、手出しました。
普段は言葉だけです。

サラフィエが登場して大喜び

サラフィエが出てきて大喜びな真っ白騎士団です(ちょろい)。

シエラの騎士団活動記録の一コマですね。シエラがジェドの方が剣の腕が上だとベタ褒めしているので忘れがちですが、シエラも2年足らずで騎士団の部隊の副隊長に抜擢されるぐらいの天才なんですよね。そして、その天才も本編の影では様々な苦労をしていたということですね。

一つ質問ですが、作成予定をしていた外伝シナリオはかなりの数があったと思いますが、外伝は二つか三つくらいに分けて配信される予定でしょうか?

7連勤をしたりで仕事も大変だと思いますが、これから更に冷え込みますし、
御身体にお気を付けください。
外伝の配信、楽しみに待ってます。今年一番の楽しみかもです♪

私もツクールやらないとな・・・。
年と仕事疲れで身体が動かない・・・。

真っ白騎士団さんへのお返事

> サラフィエが出てきて大喜びな真っ白騎士団です(ちょろい)。
>
> シエラの騎士団活動記録の一コマですね。シエラがジェドの方が剣の腕が上だとベタ褒めしているので忘れがちですが、シエラも2年足らずで騎士団の部隊の副隊長に抜擢されるぐらいの天才なんですよね。そして、その天才も本編の影では様々な苦労をしていたということですね。
>
> 一つ質問ですが、作成予定をしていた外伝シナリオはかなりの数があったと思いますが、外伝は二つか三つくらいに分けて配信される予定でしょうか?
>
> 7連勤をしたりで仕事も大変だと思いますが、これから更に冷え込みますし、
> 御身体にお気を付けください。
> 外伝の配信、楽しみに待ってます。今年一番の楽しみかもです♪
>
> 私もツクールやらないとな・・・。
> 年と仕事疲れで身体が動かない・・・。

相変わらずサラフィエは人気ダナー。
短編集での彼女の出番は何気に多いです。


シエラもジェドも天才の中の天才のゼクードさんにしごかれていましたから。
そして毎日、お互いを相手に鍛錬していたという。
まあ、強くなりますよね。
そんなシエラでも外へ出て、それなりの苦労を経験します。
実力だけで楽できるほど、世界は甘くないですよねぇ……。
禁魔種相手にサントラインを救うのは、
隊長格でも容易にできる事ではありません。
「禁魔種に遭遇=人生オワタ」なこの世界では、
とんでもない功績です。
ジェドがアレですし、シエラも同類だったという事でしょう。

ちなみに本編でも言っている通り、シエラが「ジェドは私より強い」と
度々言っているため、騎士団でのジェドの評価が
「学生時点で大魔種倒すやべぇ奴」認識です。


短編集の配信についてですが、全部完成してから
まとめて公開します。
ほぼ会話シーンだけの構成ですし、
プレイしても2、3時間くらいで終わりそうなものを
分けるのはちょっと……。
まとめて公開した方がダウンロードも一回で済みますから。
後、中途半端な状態で公開したくないという理由もあったり。




7連勤でも残業無しなので結構ホワイト。
超肉体労働なので半袖で走り回っている阿呆です←
でも、好きな仕事ですから日々充実してます。
短編の配信は、楽しみにお待ちください。
今年になればいいけどね!(怠惰


おや、真っ白騎士団さんもツクラーでしたか。
お互い頑張りましょう!
プロフィール

まむちゃん(拍車)

Author:まむちゃん(拍車)
ほぼ毎日頭痛に悩まされているツクラー。
基本、1週間ごとの更新。
忙しい時は、2週間ごとになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク