二作目はこれだあー!(何

二作目の簡単な紹介を・・

ジェド

シエラ


タイトル:千年時計(仮)
ジャンル:RPG
プレイ時間:現在は不明。
ゲームについて:ビュア王国の少し大きな村サントライン。
        そこの学園の戦闘科の卒業を控えた主人公ジェドは
        サントライン一帯を管理するアーツ家の御令嬢で
        幼馴染でもあるシエラと共に騎士団の入団者選抜試験を受験する。
        シエラは無事受かったが、ジェドは運が悪いとしか言えない出来事のせいで
        選抜試験に落ちてしまう。
        無職に抵抗を感じるジェドは収入が不安定なギルドで稼ぐ決意をする。
        
        
        テーマは色褪せない絆。
        これは、止まった時を進める物語。


初期の登場人物:

     ・ジェド=タムロン 18歳
      :サントラインに住む青年。
       とある事情で魔法を使えないが
       魔法剣という剣を魔法その物に変える
       上級技術を扱える。
       実力は同年代ではかなり上。


     ・シエラ=アーツ  18歳
      :アーツ家の令嬢。
       ジェドとは幼い頃から切磋琢磨し合った仲。
       剣技ではジェドに劣るが魔法の実力は高い。
       ジェドと男女意識はなく、何かと彼を気にかける心配性。
       


画像のキャラグラフィックは そらまにぶろぐ様の素材を使用しています。


今回はCruel Capriccioより簡単なRPGです。
シナリオは少しCruel CapriccioのTRUE ENDが関わります。

そして!今作も裏ダンジョンがあります!
クリア後も楽しめるようにする予定です。




スポンサーサイト

シグマについて

忙しくてゲーム作りが進まないまむです。
後二日すれば・・!睡眠時間2,3時間から脱出できる・・!
で、息抜きということで今回は煩悩覇王ことシグマさんについて書きますねー。


歴代六皇の中で3000年間最強で在り続けた男。
魔法以外は魔王をも上回るという。

以下、ネタバレです。

続きを読む

バエルについて

最近、忙しくて睡眠時間が3,4時間という毎日が続いているまむです。
今回はリクエストのナイスミドル、バエルさんについて書きますねー。

バエル

堕落のロード戦の後、ラムダを治療してくれた人が良さそうな男性。
第三章でパーティーに加わりますが、通常攻撃がラムダ達の魔法に相当する
というかなりの実力者。

以下、ネタバレなので見たい人だけどうぞ。

続きを読む

アガレスについて

リクエストのイケメン、アガレスについて書きます。

アガレス

第一章で登場するアガレス。
その先にも所々でラムダに会い、助言をするイケメン。
ラムダを知っているような口振りですが・・・

この先はネタバレになるので、見たい方だけ追記からどうぞ!

続きを読む

ルビィについて

リクエストがあったので今回はルビィについて書きまっせ!

ルビィ

本作のメインヒロインであるルビィちゃん。フルネームはルビィ=オートレス。
150年前に魔王の力を封印した勇者ラセンの末裔です。
とある事件から人との関わりを避けるようになり、ボッチだった少女。
そのせいか一般人より感覚がズレています。
本人は常識人のつもりですが、そう思っているのは本人だけですw
怒らせると静かになって無意識に周囲を威圧します。
パーティーメンバーの影の権力者。(ラムダ談)
武器は鎌で、物騒な名前の技を覚えますがヒロインです!

好物は甘い物で、趣味は恋愛小説を読むこと。
どのくらい甘い物が好きかというと三食の食事の代わりに
三食バケツプリンでも喜んで食べれるくらい。つまり超甘党。

下ネタの耐性が皆無なので、耐性が付くまでは
テンパって攻撃されることも。
ラムダ曰く、胸はそれなりにあるらしい・・

何だかんだで面倒見が良く、本当は優しい少女。
S気もありますが優しい少女←重要
この子も終盤までには、かなり成長します。

ちなみにウッドレストでルビィちゃんを姐御!と呼ぶモヒカンがいますが
彼は調子に乗って村人に迷惑をかけていたところを
ルビィにぶん殴られて更生した・・という裏設定があったりw
ルビィちゃん・・めっちゃアクティブ!

主人公がアレなのでヒロインをどうするか悩みました・・
その結果、行動的なルビィちゃんが登場!
性格はツンデレっぽいですが、そこまで強烈なツンデレにはなりませんでした。
どうしてかって?
強烈だとラムダの胃が破裂するからですよ・・!



苦手を克服!かな・・?

毎日が忙しい中、時間を見つけてはツクールでツクツクするまむです。
私の苦手分野だったマップ作成が以前より随分マシになりました。
二作目で使うマップを少しチラッと。
レメトン草原1
第一章:レメトン緑地

スーヌの洞窟
第一章:スーヌの洞窟

約30分で作った二つのマップですが、以前より進歩したと自分では思っています。自分では←重要
でも、まだ何か足りない気がする・・

現在の進行状況はCruel Capriccioでのアジ・ダハーカを倒した程度ですね。
プレイ時間は今のところ一時間くらい。
完成するのはいつになることやら・・^^:




アンザについて

最近、気温変化が激しいと思います!
暑い日の方が多いんですけどね・・
歩いているだけで汗をかくような日々。
夏よ、君は出しゃばりすぎだよ!
後ろ髪が腰まで伸びているのでそろそろ切ろうかと悩む今日この頃。

そんな毎日でも、ちゃんとツクツクはしてますよー。
毎日最低一時間をノルマとして頑張っております^^

さて!友人からのメールで
「キャラ談話でアン姉を出せ。アン姉を!」
という催促があったので、今回はアン姉ことアンザさんについて書きます。

アンザ

冒険でラムダの心が折れなかった一番の要因となっている女性。
常識人に見えますけど、かなり自由奔放な性格をしており、
ボケとツッコミの両方もお任せという器用さを持ちます。
この人の家族は全員自由奔放な性格をしているのは気のせい。

彼女は戦う場面がまずないので、どの程度の強さなのか曖昧ですが
実はかなり強いです。ロキと同スペックと言っても良いでしょう。
ルビィちゃんとルルちゃんを凌ぐ治癒魔法の豊富さ。
ゼロアも涙目の光属性魔法の種類と強さ。
おまけに剣技なら火属性も使えるという。

戦闘メンバーに加わるとゲームバランスを壊しかねないアンザさん。
そんな彼女を操作する戦闘シーンがあるんですよ。
これは当時のテストプレイヤー達には驚かれました。
「え!このお方が戦うの!?」
彼女は強いでは済まない敵を相手に渡り合います。

裏設定で彼女はラムダ達の技を使えたりー!
何回も彼らの戦闘を見ていますし、彼女の媒体がアレなので
実体験したような感じになっています。
この設定は後に生きてきますよー。


今回はここまでですね。
友人からのリクエストでアンザさんについて書きましたが
このブログを見てくださっている皆様も
このキャラについて書いてほしい!とコメントしてくだされば書きますよー!

ふりーむ!様にて

ふりーむ!様の方の感想掲示板で良いアドバイスをいただきました!
ただの中傷ではなく、こうして改善点を指摘してくださるのは非常に助かります!

どうやら私の改善点は、

・文章力の上達

・マップの広さを抑える

・ボスのHPのバランス

・演出技術の強化      などのようです。


文章は説明口調の改善ですね。

マップの方は現在制作中の物では、ほぼ改善したと思います。

ボス戦は立場的に強い奴はHPを多くしました。
通常ボスは前者に比べて少なかったと思います。
奥義を使うにあたって、ゲージが溜まる時間や奥義をくらった後に
こちらの体勢を整える時間も考慮して、あのようなHPになりました。
どうにか改善しなければなりませんね・・

演出技術もどうにかして強化しないと・・
これは他の方のゲームを参考にしてみます。

このような改善点を優しい言葉で指摘してくださり、ありがとうございます!
ファンタジーゲームでは「中二病」と「イタイ」は必須だと思っているので
過度にならないように取り入れています。
恥ずかしいなんて思っていたらゲームなんか作れない!

二作目は一作目より楽しめるよう精進します!







ロキについて

今回は何か人気のあるロキさんについて書きますよー。


ロキ

この人は、よくある中二系キャラは必須だよね!という感じで出てきたキャラです。
色々謎が多く、六皇序列2位というかなりの実力者。
クールに見えますけど、彼を知る人物から話を聞くと・・

彼は大切な人達のためなら、どこまでも奮闘できます。
例え、自分が死のうが、精神崩壊しようが、大切な人達に嫌われようがです。
非常に一途ですが、その一途さは逆に危険になる事も。

元々、彼は平凡な男性だったので、たまに平凡だった頃の名残りが
見えてきたりしますね。

彼は自分に厳しく、他人に甘くの精神です。
(ただ甘いだけではなく、相手のためになる甘さ。)
恩がある人には敵だろうと感謝し、何気に気遣ってくれます。
ただ、自分にはとことん厳しいので、それを知った人には引かれることもありますw

ここらが書けるギリギリのラインですね。
では!第二作の制作の続きに取り組みますねー!


キャラクター達が・・

毎日、地道に二作目のゲームを作っていますー。
作っているとキャラクター達に予定とは違う個性がついたりします。
これはCruel Capriccioでもあったのですが、
何かキャラクターが勝手に動く?ような感じになるんですよね。

例を挙げるとCruel Capriccioのヘレシスです。
気が付くとモルサーとふざけるキャラになっていました・・
「あれ?ヘレシスってこんな娘だったっけ・・?」
第八章辺りからお茶目の片鱗を見せるあの人もそう。

会話文とかを入力する時は、このような感覚を受けます。
ですから、会話文の入力は時間がかかるだけでそんなに苦労しません。
ラムダ達の会話もこんな感じですね。


Ace楽しい!

現在、二作目のツクールゲームに挑戦しています。

進行状況としては、Wordにシナリオを書き終え・・
登場人物の名前と特徴、戦闘面での役割も決まり、
昨日、ようやくプロローグが終わりました。

この作り始めた初期の感覚・・
何か完成しそうにない不安に襲われますねw
Cruel Capriccioも作り始めた時は、こんな感覚でした。
ですが、作り始めたからには必ず完成させますよー。
前作の反省点であるマップ作りを特に頑張らなければ!

そしてAceでマップ作りをしたわけですが・・何これ、楽しい!
よく分からないけど、楽しい!
マップ作りは何とか頑張れそうです^^

前作の感想を見ると、シナリオやキャラ達が好評なようです。
某所でもストーリー重視のRPGなんて言われていますし・・
こうなると二作目のシナリオ作りにプレッシャーがかかります。
ですから、シナリオ作りに時間がかかってしまいました^^:
前作より上達しているかは・・・分かりません。
またEXダンジョンも設置する予定です。

ではでは、制作頑張りますねー!
早くあの二人を登場させたい!



プロフィール

まむちゃん(拍車)

Author:まむちゃん(拍車)
ほぼ毎日頭痛に悩まされている輩。
自分の知らない事に挑戦したり、他人の経験談を聞くのが好き。
趣味は水泳。
ツイッターはやっておりません^^:
RPGツクールで作ったゲームや制作状況などを書く。
最近の一言
「頭痛い」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR