そうだ!混ぜてみよう!

以前、二作目のツクールゲームの案が二つあると書きました。
どっちか片方に取り組むともう片方が気になって作業に集中できないんですよね。

というわけで、二つを混ぜようという事になりました。
今のところ、決まっているのは・・

・中編~長編RPG

・難易度はCruel Capriccioより簡単。
 あのボス戦の難易度がいい!という声があれば別ですが(笑)

・Cruel CapriccioのTRUE ENDから続く?
 物語としては別物です。
 世界も別物です。
 ただTRUE ENDをクリアした人なら気になるあの二人の男女が登場します。
 しかもパーティーメンバー。

・戦闘では前作でもあった連携技を実装します。
 そして相変わらずのリトライ機能。
 セーブも基本どこでも可能。

こんなところですかね。
私としてはリトライ機能は外せません。
Cruel Capriccioでもリトライ機能がなければ、ただのストレスゲーになります。
リトライ機能があったからこそ、セーブはどこでもでき、戦闘前の演出が
長くてもあまり問題がなくなったと・・思います。

そして、同時進行で絵も練習中です。
ただ、オリジナルグラフィックはまだまだ使えそうにありません。
他サイト様のグラフィックの方が断然可愛いし、かっこいいんですよ\(^o^)/

絵才がある従妹に頼めば描いてくれるんですが、
それではゲームを作る度に頼まなければなりません。
そうすると彼女にかなりの負担となるので、自分で頑張りますw






スポンサーサイト

ver1.5のアップロード

本日、Cruel Capriccio ver1.5をアップロードする予定です。
主な変化は・・
・ムルトペイムの雑魚にはラムダの技のダメージが二倍になる。
・シュバルツナイトの経験値が800から1200になる。
・EXダンジョンの最初のボスがレア素材をドロップするようになる。

ムルトペイムのラムダサイドで詰む人が多いので
救済措置として雑魚を楽に倒せるようにしました。
奥義を使うと一撃です^^
・・むしろ、これが普通なんでしょう。
ムルトペイムのラムダサイドで苦戦している方はver1.5をお試しください。
ラムダのレベル上げが非常に楽になります\(^0^)/

EXダンジョンのボスのドロップについては
ふりーむ!様の攻略掲示板の質問を見て
「あ、これは追加した方がいいかも」
と思ったので追加しました。

余談ですが、最近は全クリの報告を受けるようになりました。
しかも、「また最初からプレイします」という強者も・・
このゲームをクリアした人は精神力があると思います!
元々、一日2時間ずつコツコツとプレイするのを理想としたゲームなので・・

このままアップロードについてだけ書いて終わるのもつまらないので、
変人代表ことモルサーの誕生について書きます。

取りあえず、変人だけどいじられキャラにならない仲間がほしい
という事で彼の登場。
いじられポジションはラムダの物なので譲れない!

名前は友人が何気なく提案した
「モッサリーニ」→「モッサリー」→「モッサァー!」→「モルッサー」→「モルサー」
とスリムになっていきました。
まさか友人も「モッサリーニ」から採用されるとは予想もしなかったでしょう(笑)

非常に個性の強いモルサーのキャラですが、当時キャラが思い浮かばなかった私は
「モッサリーニ」を提案した友人のキャラを手本にしました。
その結果、ああなりました(汗

つまり、日本のどこかにモルサーのような奴がいるって事ですよ!



ああー!何やってんだー!

Cruel Capriccioで致命的なバグがありました!
それは最初のボス、アジ・ダハーカが倒せないバグです!!
修正したのをふりーむ!様に申請しましたが、載るのは今日の夕方になるのかな・・

せっかく、ダウンロードしてくださった皆様に大変申し訳ないのですが、
バグを修正したver1.4をダウンロードしてください><
本当にごめんなさい><

・・・・という事は、ニコニコ自作ゲームフェスの審査はちゃんとされていない・・?

本当に何やってんのー!?私ー!

バグ報告があって本当に助かりました、ありがとうございます!

びっくり

ふりーむ!様の方のCruel Capriccioの感想掲示板を見ると・・
ほとんどがバグ報告だという事に気付きました!

どう見ても私が悪いんですけどね^^:
バグ報告のついでに感想も書かれているので嬉しいです。
最初のディマイン王国のバグは、容量が大きすぎて圧縮できなくて、グラフィックデータを削除している時に
消してはいけない物まで消したのが原因ですね・・

攻略掲示板の方にも結構書き込みがあってびっくりしました!
というより、この初制作のゲームを最後までやってくれた人がいるのがもう感激ですよ!
ダウンロード数もいつの間にか1000を超えていますし・・

Cruel Capriccioの一部の歩行グラの製作者様もプレイしてくださったみたいで・・もう言葉が見つかりません!

私はプログラミングに関しては素人ですし、絵もまだ描けません。
スクリプトをヘルプを見ながらいじったり、他サイト様の絵に少し手を加える程度しかできません。
BGMもループ処理ができるくらいです。

そんな私がゲームを一本完成させられたのは他サイト様の存在があったからです。
当然のようにグラフィックや音楽、スクリプトを公開してくださっている方々に大変感謝しています!
本当にありがとうございましたっ!!

そして、プレイしてくださって皆様にも感謝の意を!

プレイ・バグ報告

Cruel Capriccioなどの報告については、こちらでお願いします。
ふりーむ!様の方だと返信ができないので・・^^:

さて、どうしよう。

RPGツクールでのフリーゲーム第二作目を作ろうと思っています。
Cruel Capriccioでの反省点を活かしたいなぁ。
特にマップ作りに時間をかけたい!

で、二作目のアイデアなんですが・・二つほどあるんですよ。

・Cruel Capriccioの続編?になる短編RPG
 :とは言っても舞台は別世界なんですけどね。
  パーティーメンバーにCruel Capriccioのとある男女二人が参加します。
  シナリオはtrue endから続く感じ。
  製作するとしたら何部作かに分けて公開するかな?
  それで一つ一つが短編になるわけですけど・・

・Cruel Capriccioとは関係ない長編RPG
 :テーマは千年経っても消えない絆。
  難易度はCruel Capriccioより下がると思う。


どちらもVXAceで作る予定です。
オリジナルグラフィックをいくつか使いたいんですけど
まだまだ技術が未熟で絵柄が安定しないんですよね。
グラフィックがちゃんと描けるようになるまで、長い時間がかかるようなので
あまり背伸びしないようにします。
ちゃんと描けたら使いたいな!

さて、ゲームを作るなら上記のどちらかにしぼりたい。
どちらにしようか・・・現在、苦悩中なのです。

一応自作ゲーム

ここではRPGツクールを使用して製作したゲームの概要を載せます。



メイン

タイトル:Cruel Capriccio~λの狂想曲~
ジャンル:多分王道RPG
プレイ時間:28~50時間くらい
ゲームについて:勇者ラセンが魔族の王の力を封印してから約150年。
        人間と魔族の戦争は沈静化していた。
        それでも世界のどこかで魔族の争いは続いている・・
        トレス大陸南西の端に位置するコア村の少年ラムダ=クルーエルは
        新たな勇者が選ばれるという噂を聞き、目を輝かせていた。
        村長シバと幼馴染ゼロアは阿呆を見る目だったが・・
        
        ある日、ゼロアの家に王国の将軍が訪れる。
        それが物語の始まりの合図となった・・
        
        これは、不浄の運命を断ち切る物語。


初期の登場人物:
       
       ・ラムダ=クルーエル
        :煩悩ばかりな主人公。モテたい欲求があるが女運は皆無。
         魔法の属性は無し。公式の魔法が使えないので、剣に魔力を纏わせて
         強化する戦いをしている。ゼロアに劣等感を抱いている。

       ・ゼロア=アートム
        :イケメン、鈍感、お人好しのラムダの幼馴染。
         非常に温厚な性格だが、大切な人を侮辱されるとキレる。
         属性は光。

※登場人物は他にもたくさんいます。
 
画像の顔グラフィックはCLOSET様の素材をお借りしています。

ダウンロード:http://www.freem.ne.jp/win/game/4735

面倒臭い主人公

Cruel Capriccioの主人公ことラムダ君です。
ラムダ

かなり面倒臭い性格をしている主人公。
ラムダのキャラを構築する上でのテーマは、思春期の不安定さ、煩悩、才能底辺、努力家、プレイヤーが
上から目線で見れるような奴、です。
見てお分かりだと思いますが、この煩悩祭り・・短所が圧倒的に多いんですよね!
その上、シナリオ中ではよく死にかけ、よく不幸になり、何度も自分の無力さを恨んで・・
はい、この子と同じ経験をしたら間違いなく発狂します(断言)
そんな人生を送ると成長せざるを得ないんですよね。
ラムダは本作で最も成長が著しい子です。序盤のラムダと終盤のラムダを比べると差が激しいっ!
それでも変わらない部分があるんですよ。・・煩悩とか煩悩とか。
一応主人公なので、長所も少しは必要になります。本作中で彼は諦める事が少ないんです。
現状でやれるだけの事はやってみる精神が備わっています。
これは私の恩師の言葉「今できる事をやれるだけやっておけ、やらなかった後悔はするな」
が少なからず影響していると思われる。
どんなに絶望的な状況でも足掻くとどうにかなる場合がありますよね。
ラムダ君はそれを何度も潜り抜けているので、メンタルが強くなりますよ、そりゃ。
大勢の人と関わり、人としても成長します。そうして自分という存在を形成していくんですね。
もちろん未熟な部分はなくなりません。未熟さをなくすと彼らしくなくなると思うので・・
結局、ラムダは成長しても未熟なまま!

何だ、このまとめ方(汗

Cruel Capriccioについて

ふりーむ!にて公開し、ニコニコ自作ゲームフェスにも参加したCruel Capriccio。
タイトル画面

概要にも書いてある通り、私が初めて製作したフリーゲームです。
よく知恵袋などでは「まずは、短編でもいいからゲームを完成させた方がいい。
          最初から長編はまず挫折する。」と書かれてありますが、まさにその通りですね。
私は最初から長編に挑戦した愚か者(笑)なわけですが、作るのがか・な・り!大変でした・・
BGMの選択、戦闘データの作成、登場人物、プレイヤーに感じさせたいもの、伏線の設置、等々。
何度も挫折しそうでしたよ!特に第一章の辺りですね!
ですが、途中で放り投げたら何か負けた気がするので、最低一日一時間ずつ製作しよう!と目標を決めて取り組んでいました。
製作中の楽しみは、他サイト様のBGM視聴やグラフィック探し、テストプレイでしたね。
ちなみに、他人のフリーゲームは第十章が完成するまでプレイしませんでした。
当時の私は「なるべく先入観を入れないようにしよう」と阿呆な事を考えていたのです(^^:
実際、プレイすると「もっと早くプレイしておけば良かったー!」と大・後・悔☆

少し話は変わりますが実はこのゲーム、友人達との間のみで公開する予定のゲームだったんですよ。
友人の一人が「これさ、公開しようぜ。ついでにプレイ動画も!」と言い出したのが一般公開の始まり。
学校の教師にも「公開するべきだ。いや、別に私がプレイしたいわけじゃないよ?
        ・・そんな笑顔で私を見るな。腐っている私には眩しすぎる。」と言われました。
そんな他人の後押しのおかげでこうして公開できました。

結構な人数がCruel Capriccioをプレイしてくださっているようで、製作者として嬉しいです!
プレイしてくださった皆様に大変感謝しております^^

現在は、二作目のゲームを製作中です。
ある程度製作したらちょこーっと載せるかも・・
それと、気が向いたらCruel Capriccioの登場人物の誕生秘話とかも書こうかなーって思っています!

ブログ?何それ美味しいの?

えっと、ふりーむ!にてRPGツクールVXで製作したフリーゲームCruel Capriccioを公開したんですが、
他の人達は自身のブログとか持っているようで・・
私自身はブログ経験が全くないので、「別にブログとかなくても問題ないかな?」と判断して
何もしなかったんです。ただ単に面倒臭がったというのは秘密。

ある日に、「アンタさぁ、ゲーム公開するなら自分のブログとか作れよ。気軽に攻略とか聞けないじゃん!
      面倒だぁ?ゆとってんじゃねぇぞ!」
と第七章のフォルト戦で積んでいる友人からイライラした口調で言われました(汗

はい、その通りでございます。(-_-):
というわけで、このブログがスタートしました。・・ブログの機能とか把握しきれていませんけど!

ここでは、RPGツクールで製作したゲームとかの話題を書いていこうと思っています。
時々、私の日常とかも書くかも(誰得
感想とかゲームの攻略なんかカキコしてくだされば、お返事はちゃんとします。多分
ではでは~、よろしくお願いしますね~!
プロフィール

まむちゃん(拍車)

Author:まむちゃん(拍車)
ほぼ毎日頭痛に悩まされている輩。
自分の知らない事に挑戦したり、他人の経験談を聞くのが好き。
趣味は水泳。
ツイッターはやっておりません^^:
RPGツクールで作ったゲームや制作状況などを書く。
最近の一言
「頭痛い」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR